るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

1円で落札したギガビットハブを試してみた「D-Link DGS-1005D」


DSC03708 何となくギガビットハブが欲しくてオークションで漁っていると聞かないメーカーのギガビットハブが 1円で出品されていたので入札してみたら....

落札できた話。 商品説明欄に「修理のためにコンデンサ云々を変えたが発熱うんたら~」て記載してあって、ぐぐったら該当する日本人の記事が出てきた()

「D-Link DGS-1005D」と検索してもロシア?のサイトばっかで元値とか分からずいい製品なのかも分かりませんがとりあえず設置してみます。

DSC03709 こちらが本体 日本じゃ見慣れない感じのスイッチングハブ

DSC03710 アクセスランプとか リンク速度も色分けされていてそれなりにいい製品?っと思ってたりします

DSC03711 5ポートギガビット 特筆すべきとこもなく

DSC03712 接続するとこんな感じに光ります 触ってみると確かにほんのり熱い。こういう機器類でここまで熱いの触ったの初めてぐらい熱い。

DSC03713 引っ越してきて1ヶ月経ちましたがすでにケーブル類がひどくなってきた

「Radish」を使ってスピードテストを行ってみました。 ONU光電話ルーター → ギガビットハブ → PC aaaaaaaaaaaaaaaaa→ RT-AC68U

SnapCrab_NoName_2014-8-10_18-12-29_No-00 ちなみに、「ASUS RT-AC68U」の後ろにPCを持ってくると 下りが120Mbps、上りが同じぐらいになります。

CISCOのギガビットハブでもお勉強がてら買ってみようと思います。