るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

SIGMA初のミラーレスカメラの sd Quattro H を買ってみたので作例を交えてレビューしてみる


社会人になって初めての記事です。5ヶ月ぶりの更新らしい。

普段持ち歩くカメラが欲しいなと思って今回は sd Quattro H を買いました。 購入してから2ヶ月経ったので購入レビューとか書いてみようと思います。

 

 

SIGMA のボディ(コンデジ)について

センサーの違い

他社の一般的な一眼レフ、ミラーレス含めてセンサーはベイヤーセンサーと言って、1層のカラーフィルターで輝度情報を読み込むのに対して、SIGMA ボディに載っているセンサーは Foveon センサーと言い、B(lue), G(reen), R(ed) の3層で、輝度情報を読み込んでいます。

 

メリット

ベイヤーセンサーはピクセル単位で半分の輝度情報しか取れないのに対して、Foveon センサーでは、全てのピクセルで輝度情報を取得することができるため解像度がベイヤーセンサーに対して大きなアドバンテージがあります。

解像度以外にも、ベイヤーセンサーでは 画素数が上がる=画素ピッチが狭くなる=センサーサイズを大きくせざるおえない=フルサイズでは限界がある=中判センサーに行くしかない になりますが、Foveon はそんなことありません。 なので、SIGMA のボディは良く中判カメラと比較されます。

SIGMA が作った(正確には Foveon 社を買収した)Foveon センサーは何回か調整され、 Merrill(1個前のセンサー) では RGB を 1:2:1、現在の Quattro では 1:1:4 で取り込みます。 何でこうなったかは忘れました。 Youtube にシグマの社長がCP+で熱弁してる動画があるので興味のある方は見てみてください。

 

 

デメリット

何でこんなメリットがあって、シグマユーザーが居ないかと言うとデメリットが大きいからです。

高感度にめちゃくちゃ超弱い

CP+ で登壇していた人も言っていましたが ISO100 より上は使わない というより使えません。 最後らへんに ISO 別の画像を上げますが、Foveon センサーの本領が発揮できる条件の1つは ISO100 固定です。

バッテリーの持ちが悪い

これはセンサー故にの話です。 今回買った sd Quattro H はシグマが出してるボディでは1番新しいものですが、20ショット撮ったくらいでバッテリーのメモリが1つ減ります。

ぱっと思いついたのはこの2つぐらいです。まだあるかも。 ISO100 固定じゃなきゃダメって時点でまあ辛い。でも楽しい。

RAW 14bit を使うにはひと手間必要

このカメラから吐き出される RAW ファイルは X3F(X3I) で Lightroom で直接取り込むことはできない。ので、RAW 14bit を使いたかったら一度 SIGMA PhotoPro を使って TIFF へ変換してから Lightroom に読み込ませるという手間が増えます。(SIGMA PhotoPro は Foveonセンサー使うなら使ったほうが色々恩恵があるんですが使いにくい...)

最近のファームウェアで、DNG で出力することができるようになりましたがこちらだと RAW 12bit で出力されるので注意。

 

sd Quattro H とは

ミラーレス機で、レンズ交換式のボディです。 sd Quattro H は sd Quattro のアップグレード版です。

ちらっと言うと sd = レンズ交換式、dp = コンデジ です。

 

スペック

タイプ ミラーレス レンズマウント シグマSAマウント
画素数 4470万画素(総画素) 3860万画素(有効画素) 撮像素子 APS-H 26.7mm×17.9mm CMOS
ローパスフィルターレス 撮影感度 標準:ISO100~6400
記録フォーマット JPEG/RAW/DNG 連写撮影/秒 6.2 コマ
シャッタースピード 1/4000~30 秒 液晶モニター 3インチ 162万ドット
ファインダー形式 電子ビューファインダー ファインダー倍率 0.96 倍
ファインダー視野率(上下/左右) 100/100 電池タイプ 専用電池
専用電池型番 BP-61 撮影枚数 187枚
記録メディア SDHCカード SDカード SDXCカード    
その他機能
手ブレ補正機構   5軸手ブレ補正  
ゴミ取り機構   ライブビュー
可動式モニタ   自分撮り機能  
タッチパネル   PictBridge対応  
内蔵フラッシュ   バルブ
タイム   防塵・防滴
RAW+JPEG同時記録 RAW 12bit/14bit
セルフタイマー 10/2秒 タイムラプス  
USB充電   インターフェース microUSB3.0、miniHDMI
GPS   起動時間  
AFセンサー測距点 9点選択モード、 自由移動モード    
動画撮影
4K対応   動画記録画素数  
フレームレート   ファイル形式  
映像圧縮方式   音声記録方式  
ネットワーク
NFC   Wi-Fi  
Wi-Fi Direct対応   Bluetooth  
BLE(Bluetooth Low Energy)      
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 147x95.1x90.8 mm 重量  


ちなみにローパスフィルターレスってシグマが最初に搭載(2002年)したんですけど、すごいですね。

特徴的なのは ・APS-H ・ローパスフィルターレス ・手ブレ補正もない ・動画は撮れない ・WiFiもない ・AFセンサー測距点も少ない ・バリアングル液晶でもない という最低限の機能しかありません。それが良いんですけど。

 

作例

このカメラを使ってて思ったことは、可愛らしい女性のポートレート以外なら何でも撮れそうだと思った。人を撮ってもすごく質感を感じさせられる画像が吐き出されるので可愛らしい女性を撮ると全然意味不明な画になります。

僕はそこらへんの物を撮るのが好きなので、僕にはピッタリです。 画像をクリックすると、EXIF+オリジナルが見れます。

 

SDIM1854

確か新宿で撮った。

 

SDIM0390

これも新宿でママチャリを撮った。 この物質の強調がされる感じ伝わりますでしょうか。

 

SDIM0388

僕が持ってる(た)カメラ(APS-C)で、暗いとこに光源があると ISO100 でもノイズが目立っていたのですが、このカメラだと全く分からん。

 

SDIM0427

被写体に対して背景が違和感があって、肌の色を修正してます。 これがコンクリートの背景とかだったらかっこいいんだろうなぁ...

 

SDIM1856

新宿

 

SDIM1864

この質感というか物質感、すごい

 

SDIM0300

こういうの好き

 

SDIM0287

質感

 

SDIM0066

左下の影のグラデーションすごい

 

SDIM0055