るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

rm -rf という危険なコマンド


こんばんわ

 

起きたこと

作業中にいつものようにディレクトリを削除するときに「rm -rf」を使ってたら Nginxのドキュメントルートをふっ飛ばした。

rm -rf nginx:nginx /var/www

本当はchownを実行したかったのに脳死状態でこんなコマンドをうってた。

 

 

原因

rmコマンドの「-f」オプション -f ってファイルがあってもなくても強制削除でエラーは出さないらしい 明らかにnginx:nginxなんておかしいのにエラーは出さず、次の/var/wwwに実行が移る。 っと推測。

 

 

対処

運良く7/17にバックアップがあったのでそれを復元して、記事の内容自体はDBへ保存され消えた画像は 再度アップロードして事なきを得た。

Wordpressが動いてる最中に、ディレクトリを吹っ飛ばすと

client is using or hasn't closed the table properly

こんな感じなエラーを吐くので最適化、修復を忘れずに。

-f オプション使うときは気をつけることと、毎日バックアップを取りましょうってことですね(n回目)