るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

買わない理由が分からないくらいコスパが最高で軽くて小さい、PENTAX K-70 をレビューしてみる 作例もあるよ


ちょうど半年前に SONY α7II から PENTAX K70 へと交換しました。 フルサイズを使っているときに、「別にこれフルサイズじゃなくても撮れる画像しか撮ってねえ」と思ったのがきっかけです。

PENTAX K-70 にした理由はコスパが良いなと思ったぐらい。 PENTAX のセンサーから出る画像も見ずにただただ K-70 を買いました。 買って大正解なボディでした。

最後に作例も載ってるので見てみてください。

 

スペック

タイプ 一眼レフ
映像素子 APS-C
画素数 2424万画素
ファインダー形式  ペンタプリズム
手ブレ補正  4.5段
防塵・防滴
幅x高さx奥行き 125.5x93x74 mm
重量  628 g
価格 61,361円(2018/03/13)

 

メリット1:手ブレ補正


PENTAX K-70 はボディ内手ブレ補正が乗ってます。 オールドレンズと言われる昔の Kマウントレンズが使えたり、 m42 レンズでもボディ内手ブレ補正が発揮される。

Kマウントレンズだけじゃなくて、マウントアダプターを使えば m42 レンズが使えるのが素晴らしい。オールドレンズにはレンズ内手ブレ補正がないので僕が感じるメリットと言えばこの辺。

 

メリット2:防塵・防滴

この価格とこの重量で防塵・防滴! WR と書かれたレンズは簡易防滴のあるレンズです。

山とか登る人は PENTAX 一択ですね!

 

メリット3:サイズ、重量もコンパクト

これだけの機能があって、コンパクトで軽い!

 

メリット4:Kマウントレンズに良いのが多い

Kマウントレンズって、Eマウントと違って安いんですよ。 の割にいい写りをしてくれるレンズもたくさんあります。

スナップで使えそうな単焦点では HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

もうちょい行くと smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM

さらにもうちょい行くと smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR

中でも FA Limited シリーズのレンズは 2002年発売にも関わらず未だに人気で FA 31mm F1.8 AL Limited となると10万超えます。

 

デメリット1:ない

ない

 

作例

IMGP0178 IMGP0435 IMGP0383 IMGP0445 IMGP0492 IMGP0503 IMGP0897 IMGP0634 IMGP0628 IMGP0986 IMGP1316 IMGP1331 IMGP1165 IMGP1434-Edit-2 IMGP1490 IMGP1685 IMGP1950 IMGP2028 IMGP2215 IMGP2105 IMGP2702-2 IMGP2853-2

中でも DFA Macro 100mm 一番大好き 程よい解像度に、程よい柔らかさ。何でも撮れちゃうレンズです。人を撮るならこのレンズが良いと思った。人を撮って思ったけど自分にセンスはないと思ったので今後は動物、植物が増えると思う。

DA★ 55mm は安定した描写で人にも使える感じなのでオールマイティーな中望遠レンズとして最高です。