ちゃんるいすのブログ

オタクエンジニアの雑記

俺的 MySQL GTID レプリケーション


GTID & 非GTID の混合レプリは無理

レプリケーション止まった時

ポジション形式のレプリケーションでは

SET GLOBAL SQL_SLAVE_SKIP_COUNTER = 1;

が使えたけど GTID では無理

1. どこで止まったか確認する

mysql> show slave status \G;
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: hasegawa-dbs01.luis.local
                  Master_User: repl
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysql-bin.000001
          Read_Master_Log_Pos: 972
               Relay_Log_File: mysql-relay-bin.000005
                Relay_Log_Pos: 602
        Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000001
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: No
              Replicate_Do_DB:
          Replicate_Ignore_DB:
           Replicate_Do_Table:
       Replicate_Ignore_Table:
      Replicate_Wild_Do_Table:
  Replicate_Wild_Ignore_Table:
                   Last_Errno: 1008
                   Last_Error: Error 'Can't drop database 'after'; database doesn't exist' on query. Default database: 'after'. Query: 'DROP DATABASE after'
                 Skip_Counter: 0
          Exec_Master_Log_Pos: 837
              Relay_Log_Space: 1238
              Until_Condition: None
               Until_Log_File:
                Until_Log_Pos: 0
           Master_SSL_Allowed: No
           Master_SSL_CA_File:
           Master_SSL_CA_Path:
              Master_SSL_Cert:
            Master_SSL_Cipher:
               Master_SSL_Key:
        Seconds_Behind_Master: NULL
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
                Last_IO_Errno: 0
                Last_IO_Error:
               Last_SQL_Errno: 1008
               Last_SQL_Error: Error 'Can't drop database 'after'; database doesn't exist' on query. Default database: 'after'. Query: 'DROP DATABASE after'
  Replicate_Ignore_Server_Ids:
             Master_Server_Id: 101921870
                  Master_UUID: c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac
             Master_Info_File: /var/lib/mysql/master.info
                    SQL_Delay: 0
          SQL_Remaining_Delay: NULL
      Slave_SQL_Running_State:
           Master_Retry_Count: 86400
                  Master_Bind:
      Last_IO_Error_Timestamp:
     Last_SQL_Error_Timestamp: 190604 16:31:15
               Master_SSL_Crl:
           Master_SSL_Crlpath:
           Retrieved_Gtid_Set: c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-5
            Executed_Gtid_Set: c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-4
                Auto_Position: 1
Retrieved_Gtid_Set: c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-5
Executed_Gtid_Set: c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-4

c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-4 まで実行だけど、
c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:1-5 を受け取ってエラーになったと推測できる。

2. エラーになった GTID をどうにかする

エラーになったとこを無視できるなら、エラーになったトランザクションを空コミットして実行したことにする。
作業する前にスレーブを止める。

STOP SLAVE;
SET GTID_NEXT = c06c5e97-8117-11e9-8d70-fa163e3939ac:5 <-- ここ重要。失敗したとこ
BEGIN;
COMMIT;
SET GTID_NEXT = AUTOMATIC <-- 元に戻す。エラーになった GTID 以降の GTID が入ってくる
START SLAVE;

GTID なしのレプリケーションに戻す

MASTER_AUTO_POSITION = 0; をつければ OK

CHANGE MASTER TO
MASTER_HOST = 'hasegawa-dbm01.luis.local',
MASTER_USER = 'repl',
MASTER_PASSWORD = 'repl',
MASTER_LOG_FILE = 'mysql-bin.000001',
MASTER_LOG_POS = 972,
MASTER_AUTO_POSITION = 0;

バックアップとリストア

GTID レプリケーションでもやり方は今まで変わらない。
blog.luispc.com
blog.luispc.com

mysqldump でやるなら

$ mysqldump -uUser -pPassword --all-databases --single-transaction --master-data=2 --triggers --routines --events > dump.sql
--triggers --routines --events

をつけないと、エラーになって dump できない。

スレーブの追加

ここでも GTID 特有の問題が発生する。

Got fatal error 1236 from master when reading data from binary log: 'The slave is connecting using CHANGE MASTER TO MASTER_AUTO_POSITION = 1, but the master has purged binary logs containing GTIDs that the slave requires.

例えば以下のような CHANGE MASTER 文を発行する。

CHANGE MASTER TO MASTER_HOST='', MASTER_USER='', MASTER_PASSWORD='', MASTER_AUTO_POSITION=1;

そうすると ↑ のエラーになってレプリが貼れない。
よくあるのはフェイルオーバーし、スレーブの向き先を元のマスターへ戻した時(本来はあんましないけど検証するときはよくする)とか
一時的にバックアップ用としてレプリケーションを長期間止めておいて、START SLAVE; したときとか。

エラーの内容は
スレーブがバイナリログを読んで次の GTID をマスターにを要求したが、マスターから「そんなものはないぞ!」が返ってきたエラー。

復旧方法1

無理やりの方法。なお、オススメしない。
GTID_PURGED にマスターの GTID_EXECUTED を入れる。

1. master で現時点の GTID_EXECUTED を確認する。

master> show global variables like 'GTID_EXECUTED';
+---------------+-------------------------------------------+
| Variable_name | Value                                     |
+---------------+-------------------------------------------+
| gtid_executed | df57c352-9bdd-11e9-9b3c-fa163eb7e9f7:1-19 |
+---------------+-------------------------------------------+

2. マスターの情報をリセットして、GITD_PURGED に入れる。

slave> RESET MASTER;
slave> SET GLOBAL GTID_PURGED="df57c352-9bdd-11e9-9b3c-fa163eb7e9f7:1-19";

GITD_PUREGED は GTID_EXECUTED が空のときでないと実行できない。

3. スレーブ再開

slave> START SLAVE;

がこれは
1. どこで止まったか確認する と同じように、スレーブで最後に実行した(GTID_EXECUTED)から、マスターの GTID_EXECUTED の間はレプリされないので
その間に存在しない DB とかテーブルに対してのクエリがあると普通に死ぬ。

スレーブが死んでいる間に、マスターで DB 作って START SLAVE; 後に、CREATE TABLE した結果。

Last_SQL_Error: Error 'Unknown database 'errornow'' on query. Default database: 'errornow'. Query: 'create table test(id int)'
復旧方法2

律儀にやる。

$ mysqldump -uUser -pPassword --all-databases --single-transaction --master-data=2 --triggers --routines --events > dump.sql

随時更新中