るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

ネームサーバーを変更せずに独自ドメインを Gmail で使いたいなら「さくらのメールボックス」が絶対にオススメ


独自ドメインの NS は普段 CloudFlare で管理していて、
独自ドメインGmail で使いたいなと思ったとき
さくらのメールボックスでいい感じにできたのでご紹介したい。

独自ドメインGmail で使う方法は色々ある

SES + S3 + Lambda

THE 面倒 これにつきる。SES で送受信までは簡単だが、
受信したメールを Gmail に転送する Lambda を設定するのがだるい。
tech.taiko19xx.net

SendGrid

審査落ちた。無料でも使えるよ
sendgrid.kke.co.jp

GSuite

一ヶ月 600円もかかるのかよ!
gsuite.google.co.jp

さくらのメールボックス

年1000円という安さ。さくらインターネットは好きだけど UI/UX は大嫌い。
メールボックスの容量は気にしない、転送の設定にメールボックス内に残さない「転送専用」というオプションがある。
Gmail と連携し終えるまでは「転送専用」にしないように
www.sakura.ne.jp

ドメインの設定を変更する

さくらのメールボックスは一見、NS も変更しないと行けないように見えるけどそんなことはなかった。

MX レコードの追加

MX mail ○○○.sakura.ne.jp 10

CNAME レコードの追加

CNAME mail ○○○.sakura.ne.jp

TXT レコードの追加(SPF

TXT mail v=spf1 a:www△△△.sakura.ne.jp ~all
△△△:さくらの管理画面から、サーバー情報の表示から確認

さくらのメールボックス独自ドメインを設定

さくらのメールボックスを登録して、仮登録完了のお知らせ というメールがくるのを待つ

独自ドメインの設定

ログイン後、左サイドバーの「ドメイン/SSL設定」から、
「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う」をクリック
今回はサブドメインで運用したいので、
「他社で取得された独自ドメインサブドメインを追加」から独自ドメインの設定を行う
f:id:rarirureluis:20180929224436p:plain

メールのユーザーを作成する

左サイドバーの「メールアドレスの管理」から、@の左側(ユーザー)を作成する
このとき「メール転送」から、転送先のメールに作成したユーザー@独自ドメイン へきたメールを
転送する先のメールアドレスを設定しておく。
f:id:rarirureluis:20180929225152p:plain

Gmail から送信できるように設定

Gmail の設定から「アカウントとインポート」
SMTPサーバー:メールに書いてある初期ドメイン
ユーザー名:作成したユーザー名@メールに書いてある初期ドメイン
パスワード:ユーザーを作成したときに設定したパスワード(Not 初期パスワード)
f:id:rarirureluis:20180929225932p:plain

設定したユーザー宛にメールが届くのでそのメールを開いて設定を完了させる
ここから確認できる。管理画面から見つからず FAQ から辿った :middle_finger:
さくらのレンタルサーバ・さくらのメールボックス コントロールパネル

この段階で、転送設定を「転送専用」に変更してOK

終わり

ちなみに、独自ドメイン宛に届いたメール転送が完全に反映されるまで24時間ぐらいかかる。
(遅延の話ではなく、転送設定の話)

久々にこんな丁寧な記事書いた。