るいすときのこの物語

オタクエンジニアの雑記

MacBook 2016 m7 から MacBook Pro 2017 2.3GHz に買い替えた

今日は湿度が高くて過ごしにくい日でしたね。 肌とか髪とかベタベタして気持ち悪かったです。

 

買い替えた理由

家でも LINUX ライクな環境が使いたくて MacBook 2016 m7 モデルを使っていたけど 動画を見ながら作業をするときにたまたま動画が 4k とかだと作業がモタつくことがあったので 買い替えすることにしました。

 

 

MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz/8GB/256GB にした理由

MacBook 2016 m7 は CPU だけは実質最上位モデルだったので もう MacBook を選ぶ必要性はなかったので MacBook Pro にしようと思った。

CPU

CPU に関しては流石に Core M と i5 じゃ結構の差はあるだろうと、 ベンチマークサイトを見ても結構いい感じに差があったので CPU はカスタマイズしなかった。

メモリ

基本的にターミナルとIDE、Slackしか起動しないので メモリは8GBで足りるだろうと。MacBook を使っていてもメモリに不満はありませんでした。

SSD

128GB を選ぶ必要性無くね?そんな無理して生活したくなくね? MacBook で 128GB は分かるけど MacBook Pro 使って 128GB って何したいの?って感じです。

 

 

開封

初めて Apple Store で買いました。 いい感じのギャルっぽい店員さんでした。 Apple Care無し+学割で \170,000 でした。

 

スペックはこんな感じです。

 

今回はグレー MacBook と較べて大分大きく、重くなりました。

 

Thunderbolt 3 は 2ポートしかありません。 13インチ + TouchBar 付きからだと 4ポート になるのかな? あとは15インチ

2ポートもあれば十分っす!

 

 

Macの移行は恐ろしく楽

同じネットワークに居ればケーブル要らずで移行できます。 一部アプリの設定が初期化されるけど、iTerm とか IDE(JetBrains系)は平気だった。

 

 

MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz VS MacBook 2016 m7 起動時間比較

以下、参考程度に見てください。 同時に電源ボタンを押して起動してます。

移行後に行ったので起動するプロセス数だったりは大体一緒だと思います。 結構差があるな~

 

 

まとめ

サーバーサイド|インフラ エンジニアはもしかしたら MacBook でも十分だと思います。 ローカルにコンテナとか建てないのであればの話ですけど...。

MacBook から MacBook Pro になったことで持ち運びが少し苦痛になりました。 今のところは満足してまふ。

【追記】Early 2016 Macbook ローズゴールドを買ってみた【後編・レビュー】

※追記 2016/04/28 Macbook 2015 と Macbook 2016 で起動時間を比較してみました。 詳しくは記事をご覧ください。

 

Macbook Early 2016 ローズゴールドを購入したのでレビューをしたいと思います。 前回の記事はこちら (編集中)Early 2016版 Macbook ローズゴールドを買ってみた【前編・外観】 ※書くのやめました

今回購入したモデルは 256GBCore m7 モデルです。 比較対象として、Early 2015 の最下位モデルになりますのでご注意ください。

 

 

旧Mac から 新Mac への移行が簡単

IMG_2536

旧Macbook から 新Macbook への移行は「移行アシスタント」を使うだけ90%ぐらいそのまま引き継げます。 とてつもなく便利なので躊躇することなく移行ができるかと思います。 ケーブルを使うこと無く、同じローカル内のネットワークに接続すれば後は勝手にやってくれます。 1度WiFiで同士を繋いだ後に、P2Pで転送を行っていました。 (iPhoneでの撮影でごめんなさい)

 

微妙に引き継げてないところも

MenuBar Stats というステータスバーにCPU使用率などを表示するアプリはスタートアップがオフになっていたり アプリの設定がデフォルトに戻っていたりするものがありますが、アプリ自体は全て引き継げていました。

その他のアプリはスタートアップがオンとなっていて、引き継げているのでもしかしたらアプリの作り方によって色々あるのかもしれませんね。 念のため移行する前に重要なアプリの設定値を確認しておくか、移行した後に旧Mac側で設定を確認しながら設定し直すっていう方法が良いかもしれません。

 

 

 

Core m7 のターボブースト時には3.1Ghzに到達

core-m7

今回購入したモデルは Core m7 のCPUは最上位モデルです。 ちなみにこの Macbook Early 2016 に搭載されているCPUは下記の通り

 CPUモデル Core m3-6Y30 Core m5-6Y54 Core m7-6Y75
通常時 1.1Ghz 1.2Ghz 1.3Ghz
高負荷時 2.2Ghz 2.7Ghz 3.1Ghz

 

使用感に関して比較する Macbook Early 2015 に搭載されているCPUは下記の通り

 CPUモデル Core M-5Y31
通常時 1.1Ghz
高負荷時 2.4Ghz

ちなみにどのCPUも 2コア4スレッド L3キャッシュ 4MB です。

 

 

レビュー

mac-2

 

電源投入から使用できるようになるまでが早くなった

ここはさすがの Core m7 といったところで 高負荷時の3.1Ghzが発揮されているように感じます。 実際に Macbook Early 2016 Core m7モデルを起動し使えるまでの動画を撮影しました。

電源ON時からChromeが立ち上がり使えるように生るまでに35秒程度かかりました。 ちなみに工場出荷状態ではなく、色々スタートアップアプリが入ってたりいつも使用している環境でこの数値です。 クリーンインストール時ではもっと早いです。

全く同じ状況の旧Macbook Early 2015より8秒程度起動が早いと感じました。 比較動画を撮っても良かったのですが面倒だったのでやめます。

比較動画を作りました。

再起動から始まりChromeが起動完了するまでを比較しました。 結果的には Macbook 2016 が Macbook 2015 を42秒差でChromeが起動しました。

Core m7 のターボブーストが働いているのもあり、差は圧倒的な結果になりました。 (Macbook 2015 のバッテリーが10%以下なのでそれが影響あるかも(撮り直しはダルいです))

多くの人が基本的にシャットダウンはせずにスリープにするほうが多いと思いますので この数値をどう捉えるからはその人自身によって左右されますね。

私の場合はシャットダウンすることなんてないので全く気にしてません。 それよりも使っている時に引っかかりがあったり、レスポンス不足があるかどうかが重要だと思っています。

 

 

動作について

mac-6

まだ1日しか触っていませんが 旧Macbook Early 2015 と感じる差は、CPUの性能が上がったからなのか IDEやChromeで複数タブを開いてもカクつくことがなくなりました。

旧Macbook Early 2015 でよくカクついたわけではないのですが、IDEで入力補完を使うときにたま〜〜に引っ掛かりがあったり Chromeでも複数タブを開いているとワンテンポ遅れたりすることがありました。(Mac版Chromeの作りが甘い?)

旧Macbook Early 2015 1.1Ghz モデルでは試していませんが Macbook Early 2016 の Core m7 モデルだと裏で仮想マシンを建てて何か作業をしてもCPUのリソース不足に陥るといったことはないと思います。

今はブラウザを開いて記事を書いていますがCPU使用率は10%以下を切っています。 よくIDEを起動してコードを書いていたりしますのでCPU性能が上がったことは嬉しいことです。 (何度も言いますが比較対象として 旧Macbook Early 2015 を挙げていますがこちらは最下位モデルです)

 

 

キーボードについて

mac-3

キーボードについては色々他サイトでもレビューされてますが個人的に感じたこと。 家ではメカニカルを使っていたり、静電容量方式のものを使っていたり割りとこだわってる(?)方なのですが このキーボードに関しては不満要素はない ということです。

まだMacbookを使用して1年経っていませんが不満もなく使用できます。 最初は慣れが必要ですがタイプミスなどはなく、程よく打ち心地は良いので購入を考えている人は1度家電量販店に行って試してみると良いと思います。

 

 

USB Type-C が1ポートしかないことについて

mac-4

Macbook を嫌う人がよく言っている USB Type-C が1ポートしかないということ。 僕も思います。マジでこれは不便だと思う。

と言っても不便だと思うのはUSBメモリを使う時とか。 大学の授業の一環で他人からデータを受け取る際に多くの人はUSBメモリを使うと思います。 こういうときに不便だなと感じます。

対応策として USB Type-C メス → USB 3.0 メス へ変換するケーブルを使用する。 USB Type-C オス, USB3.0オス両刺し対応のUSBメモリを買うのどちらかが必要かと思います。

IMG_2560

僕は汎用性を考えて変換ケーブルにしましたがちょっぴりダサい感じも非めないですね...。 常時接続しているわけではないので、カバンにしまいこんでおけばいざ必要なときにも助かりますので1本買っておくことをオススメします。

また、SDカードを読み込みたい際には、USB Type-C対応のカードリーダーが必要になりますね。 そしてその状態でMacbookを充電したいと言った場合どうするか...。 と考えれば考える程これが不便だと感じると思います。

僕の場合は外出先でSDカードを読み込む必要性もないので1ポートでもなんとかなっています。 マイナス要素までとはいきませんが、もう1個ポートがあればいいなとは思います。

mac-5

Macbookの充電をしながら、スマートフォンを充電するには上記画像のようにUSBポートが増やせる電源アダプタがあります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。新型Macbook 12で充電しながらもiPhoneを充電する画期的アイテム「PlugBug」

これは本来Macbookの大きさの電源アダプタ用ではなく、Macbook Air, Macbook Pro用の電源アダプタなので大きさが合わず不格好になってしまいますがこういうのがあります。不格好と承知の上で使ってますが、Macbook を充電しながらスマートフォンを充電をスマートに行うにはこれしか方法がなさそう...。

 

 

総評

mac-7

今回購入した Macbook は CTO 256GB Core m7 モデルでCPUだけは最上位モデルです。 Apple Care を加入し学生価格で税込み20万ちょっとです。 この他にSSDが512GBモデルがありますが、不必要なのでこちらのモデルにしました。

スペックも上がり、バッテリー容量が増え1段階程進化したと感じ取れました。 今回のこのモデルに限らず Macbook を買うか買わないかはやはりキーボード、USB Type-C が1ポートしかない2点に関してどう思うかが重要だと思います。 重い動画の編集などにはスペックは足りませんが、ブラウジングや、IDEでのプログラミング、Virtualboxなどで仮想を建てたりすることは十分にできますので私としてはオススメしたいと思います。

また、新Macbook Early 2016が出たことによりオークションなどでは 旧Macbook Early 2015 モデルが12万程度で買えるようになりました。 個人的にマカー(笑)は丁寧に扱う人が多いような気がしますので購入もしやすいと思います。

元々Macbookを買う気はないので批判するためにも買ったのですが割りと使いやすくて良いと思います。 デザインもかっこいいし。ただ、SambaとかFTPをマウントしてFinder(エクスプローラー)に登録するといった作業がとても面倒でその点だけはどうにかしてくれApple

”Power Delivery” 対応!USB Type-C ケーブルで「Macbook」を充電する!「ELECOM USB3-CCP05NBK」

やっとでた・・・ サードパーティ製の "Power Delivery" 対応の USB Type-C ケーブルです。 今までは Apple純正のくそ長いケーブルしかなかったので助かる...。

Power Delivery 対応だとMacbookを使用しながらでも問題なく充電されます。

ヨドバシカメラで0.5m 2,000円程度で買えます。

 

DSC05126純正と比較するとコネクタ部分が長くなります。 決して高級感があるわけでもないですが特にデメリットになるわけでもなく。

 

DSC05127少し分かりにくいですが太さも太い。 ケーブル自体は柔らかいので取り回しに困ることもありません。

 

DSC05128実際に接続してみると少しコネクタの長さが気になる程度...。 これで純正の2mとかいうクソ長い取り回しもゴミみたいなケーブルを使用しなくて済むし、Power Delivery対応なので満足です。

オススメですよ。 ELECOM USB3.1ケーブル Gen2 C-Cタイプ USB規格認証品 PD対応 3A出力 0.5m ブラック USB3-CCP05NBK

新しいMacbook 12インチの極薄シェルカバー買ってみた。「TUNEWEAR eggshell for MacBook 12インチ TUN-BG-000028」

シェルカバーは前にも購入したんですけど下のゴムが取れるし、割りと重かったので違うのを購入してみた。 新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた

 

 

DSC05046eggshell て割りと有名なメーカーらしい。 Amazonで3,800円でした。 【日本正規代理店品】TUNEWEAR eggshell for MacBook 12インチ (Early 2015) マットクリア TUN-BG-000028

 

 

DSC05048早速取り付けた画像になっちゃうんですけど前回購入したものより軽くて材質もいい感じ。 黒くないので手の汗?脂?がついても白いのでそこまで目立たないのが○ 前回のはちょっと切断面が荒かった。

 

 

DSC05050ゴムも白ではなく黒なので汚れが目立たない点が○ 使ってまだ1ヶ月だけど外れる気配はない。外れたら瞬間接着剤で着ければいいか...。

そんなこんなでオススメです。

 

新型Macbook 12で充電しながらもiPhoneを充電する画期的アイテム「PlugBug」

金曜日全休の者です。 ごきげんいかがでしょうか。

 

DSC04870新しいMacbook 12インチはご存知の通り、USB TypeCポートが1つしかないので 充電しながら他の端末を充電することが出来ません。

これ、どうにかならないのか?って調べてたらこんなのを見つけた。

 

PlugBug

DSC05036Macbookの充電器って端子部分が取り外せるんですけど そこにUSBポートが搭載されたのに取り替えようというもの。

今回買ったのは前世代ものです。 今市場に出ているのは海外でも使えるタイプですが、出力などは前世代のとは変わりません。(2.1A)

 

 

DSC05037今回はAmazonの中古で2,500円で購入しました。 赤色で存在感がすごい。

 

 

DSC05038言わずもがな充電専用です。 出力は2.1Aとまぁ十分です。

 

 

DSC05039新型Macbook 12インチの充電器です。 今までのより割りとコンパクトになっているので取り付けると不格好さ相当すごいと思います。

 

 

DSC05040コンパクトになったお陰(せい)で PlugBUgがはみ出してます...。

 

 

DSC05041後ろから見るとこんな感じ。

 

DSC05042・・・。

 

DSC05044と、実際に使ってみると今までより格段に便利になった。 PlugBugを使用する前はMacbookに変換ケーブル噛まして充電してたし... Macbookのバッテリー無かったら充電出来なかったし... 講義中隣の人のノートパソコンのUSBポート借りずに済みました。

 

と、今回は買って正解な買い物でした。

 

そういえば、USB PD対応なTypeCケーブルがAnkerから出たっぽいけど探しても見当たらねえ

新しいMacBook用 「Snugg社 MacBook 12 用 ケース」買ってみた

最近涼しいらしいですね。

 

[note] ・新しいMacBook 12インチ を買って、MacBookとかOSXを批判してみた(笑)5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた新しいMacBook用ガラスフィルム「クロスフォレスト Macbook 2015(12inch)用ガラスフィルムラウンドエッジ「CF-GHMB12」を買ってみた新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた [/note]

 

 

DSC04864傷はつけたくないからケースも買った。 Amazonで3,000円程度

 

 

DSC04865裏面はちょっとしたファイルを入れる感じのポケット

 

DSC04866入るとしても分厚さとしてスマートフォン1台分ぐらい

 

DSC04867パカっと開けるとカード入れる部分と、Snuggのロゴが見えます。 凹カットされてるのは取り出しやすいためだと思う。

 

 

DSC04868カード入れは普通の(?)サイズなら1枚だけ入る。

 

DSC04869シェルカバー取り付けた状態でも難なく入るけど本当はスキンシールが 全部貼れる前提(天面失敗した)で購入して、シェルカバーは予想外の出来事で持ち運びが重くなるからこのケース使ってない...。 シェルカバー + ケースなし か シェルカバーなし + ケースあり かで迷うけどシェルカバーないと傷つきそうだから3,000円は無駄になった。

新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた

前回の記事でスキンシールを天面に貼ることに失敗したのでシェルカバーを買いました。 [note] 5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた [/note]

 

DSC04854価格として2,200円で高くなくどれぐらいの品質なのか少し心配。 Amazonで他のシェルカバーは1,500円ぐらいだったのですが高いほうがいいかなと思ってこっち買ってみた。

 

 

DSC04855付属してるのは説明書なんてなく 底面と、天面の2個だけになります。

 

 

DSC04856プラスチック製だけあって透明度はそこそこ。 マッドではないっぽい。仮にマッドで光を通さなかったらりんごマークが見えないのでこういう感じのが良い。

 

 

DSC04857底面カバ 熱を放出するように縦に穴が空いてる。 4箇所のゴムが白色なのがちょっと残念。汚れが目立つ。

 

 

DSC04858天面カバーを取り付けた。 リンゴマークはきちんと見えてるようで何より。

 

 

DSC04859底面も取り付け。

 

DSC04860至る所に引っ掛けるような爪があるので簡単に外れることは間違いなくない。 価格相応と言った感じがする。

 

 

DSC04870ただでさえ1kgを切ってる軽さなのにシェルカバーを付けるのもどうかと思うけど 傷ついては売るときに価格下がるし、衛生上良くないからまあしかたないっちゃ仕方ない。

5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた

夏休みとなりました。 テストの出来は悪かったです。どの単位落としたか楽しみです。

 

[note] 新しいMacBook 12インチ を買って、MacBookとかOSXを批判してみた(笑) [/note]

DSC04844せっかく軽いMacBookにケースなんて付けて 重くしたくなかったのでスキンシールを貼りました。 Amazonで5,500円ぐらいした。

 

 

DSC04845価格が高価なだけあって 底面、天面、タッチパッド、パームレストの5枚と、ホコリ取るシート、シートを濡らすスプレー、空気を抜くゴム製の固形と豪華です。

 

 

DSC04846簡単な英語で説明されてるので説明書読むのに困ることはないかと思いますが私は失敗した。泣いた。

 

 

DSC04847底面は割りと(?)成功た。 水でびしょびしょに濡らしながら貼り付けて水の力で微調整して、空気が入ったらゴムで空気を抜くと...。 天面を貼り付けたのは最初ではなく2箇所目だった。

天面失敗しました!(^O^)! お金が飛んだ音がした!(^O^)!

 

 

DSC04849パームレスト部分。 凹部分と向きさえ気をつければ割りと簡単に貼ることが出来た。 前使っていたノートパソコンは汗で色が変わってしまったのでせめてパームレストだけは本当にスキンシールを貼ったほうがいいと思う。売るときには値段落ちるし、見た目的にはめちゃくちゃ気分が落ちる。

 

 

DSC04850タッチパッド部分 ここは水を吹きけてはいけないらしくて割りと緊張したけどスマートフォンの画面に貼るような感覚で出来た。 少し空気が入ってしまったけど今はもう抜けた。 感度的な心配もしていたけど変に悪くなることもなくてここも汚れないからとても良い。

 

 

DSC04851悲しい天面です。 リンゴマークのスキンシールだけは貼った...。

とまぁ入ってみたけど天面シール貼れなかったのが割りと悔しかった。¥